痛くない鍼(針)、心地よい鍼灸(針灸)東洋医学専門鍼灸院なら祐生堂はり灸マッサージ博多院へ

☎:092-412-3035受付:10:00~20:00
 休診日:日曜祝日

当院の鍼灸治療の特徴と利点


痛くない鍼治療で安心

☆当院の鍼治療は痛くありません。
ハリと聞くと「痛い」「怖い」というイメージがあります。無理もない話です身体にハリを刺す訳ですから…
しかし当院では『すごく浅く刺す鍼』を多く用います。刺入は0,5~3mm程度、皮一枚といった感じでほとんど痛みは感じません。患者さまの状態や体質によっては接触鍼やてい鍼(刺さない鍼)を行なう場合も多々あり、その時々で身体が求めるだけの刺法に変えていきます。患者さまの中には治療の途中で眠ってしまう方も結構いらっしゃいますし、感触としては笹の葉の先があたる様な感じだそうです。鍼に対するイメージが全く変わったという方が殆どですので安心してご利用いただけます。

はり感染防止の為に鍼は全て「滅菌済み使い捨て(ディスポ)針」を使用しております。太さも直径0.10mm~0.16mm程度のもので、髪の毛みたいに細く痛さも感じにくくなっています。

>>当院が使用している鍼のメーカー

中国古典医学に基づいた日本の伝統的な鍼灸医学

陰陽マーク当院の鍼灸治療は「経絡治療」と呼ばれるもので、全身の臓腑経絡のバランスを整えた上で病んでいる部位や症状に対するアプローチを行っていきます。

現在鍼灸治療を行っている治療院は沢山あり、その治療スタイルも色々とあります。大まかに言うと「現代の解剖生理学に基づいた刺激療法」「経験に基づくツボ療法」と「中国古典医学の考え方に基づいた隋証療法」に分けられます。当院の治療方法は後者に属しますが、本来東洋医学というものには独自の思想・哲学があります。その思想・哲学に基づいて古典医術の生理・病理があり、養生も含めた疾病観があります(陰陽論、五行論、臓腑経絡論など)。ですから本当の意味での東洋医学とはそういった考え方に基づいた治療方法であるべきだと当院は考えています。わかり易い例として、時代劇などで出てくるような診察方法で人の身体を把握し、全人的な診方で治療していくやり方です。ただ当時との違いは鍼の大きさや刺し方は全然違います。

古典には「治療とは陰陽のバランスを整える事」と記されています。お越し頂いた患者さんからは「時代劇風な診察ですね」などといわれることがあります。

>>東洋医学について詳しく知りたい方はこちらをご覧下さい

全身治療の利点

当院で行っているのは伝統的手法に基づく全身治療なので以下のような特長と利点があります。

①、複数の愁訴が関連付けし易く同時に治療できる。
②、軽い刺激なので身体への負担が小さい。
③、自律神経系へのアプローチがし易い。
④、骨筋系の痛みの治療だけでなく、内科耳鼻科婦人科等の症状も改善できる。
⑤、続けていく事によって体質改善に大きく寄与する。

などがあげられます。

>>施術内容と治療の流れ

病になりにくい身体を作る、ストレスに強い身体を作る

健康 東洋の古典医学の生理病理に基づいた疾病観には「治未病(未だ病まざるを治す)」という病気になる前に病気を予防する考え方があります。人間誰しも弱い部分が多少なりとも存在します。これを素因とも言いますが、そういう素因証に対する養生鍼や健康鍼も昔から存在し、経験に基づく英知として広く庶民に受け入れられてきました。

一方現代医学における最先端の研究発表において「夢のDHEA-S」というホルモンが注目を浴びています。近年行われた高度先端医療研究会という学会で、このホルモンが一つのテーマに取り上げられました。
この「DHEA-S」というホルモンの作用は「免疫力向上」「精力増強」「体力強化」「快眠」「糖尿病に対する血糖降下作用」「抗炎症作用」などがあり、神経・内分泌・免疫の全てに関連する万能的なホルモンとして注目を浴びています。
そしてこのホルモンは脳や皮膚でも作られている事がわかり、白畠康鍼灸師と永田医師らの研究により「鍼治療がDHEA-Sの分泌を促進する事を証明されました。

針治療は痛みに対する対症療法的なものだけではなく、「ストレスに強くなり免疫力を向上させるホルモンの分泌を促進する」という役割も担っている事が現代医学でも証明された訳です。

ストレスの多い現代人にとって、定期的な身体のメンテナンスは生活の質を向上させる為にも非常に重要です。これからの時代はまさに予防医学の時代が来たとも言えます。最近では健康ブームにあやかり鍼灸のニーズが非常に高まってきているのも事実です。

ご予約について

祐生堂ロゴ当院は予約優先になっております。
予約なしでも対応させて頂くことは出来ますが、事前予約の患者様が多数おられますので直ぐには対応できず、数時間お待ち頂く事になってしまう場合があります。
ですので、ご来院前の電話確認をおすすめいたします。

icon 電話番号092-412-3035 タップして電話
ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にご相談下さい。
→メールでのお問い合わせ

☆公式LINE@
「友だち追加」して頂くことで、お手持ちのLINEアプリのトーク機能を使って手軽にお問い合わせやご予約が可能になりました。
またお会計時に申し出て頂くことでお得なサービスもご利用頂けます。
友だち追加

サイトメニュー

当院の鍼灸治療

↑ PAGE TOP